MENU

入学案内
奨学金について
資料請求
沿革/教育理念
キャンパスマップ
学校見学をご希望の皆さんへ
学科紹介
看護学科
看護保健学科
入学案内
奨学金について
資料請求
イベントNews
Open Campus情報
在校生からのメッセージ
卒業生からのメッセージ
国家試験
就職
卒後継続教育(制作中)

在校生からのメッセージ

#

在校生からのメッセージ

プロフェッショナルの世界を目指して
看護保健学科4年次生 加賀山 祥さん

1年を振り返って
看護学科2年次生 鞍田 結菜さん
 

 

 

プロフェッショナルの世界を目指して

看護保健学科4年次生 加賀山 祥さん

(専)京都中央看護保健大学校に入学して4年目を迎えました。日々の学習や臨地実習など新しい知識や経験を身につけるのに必死の毎日で、私にとってはあっという間に過ぎた3年間でした。

入学当初、ある先生から「あなたたちが目指しているのはプロフェッショナルの世界です」と言われたことを覚えています。専門的な学習を受けたり、臨地実習で患者さんと関わったりするなかで、「患者さんのために私ができることは何だろう?」「私はどんな看護職者になりたいんだろう?」と自問自答することが増え、悩み、不安に思うこともありました。しかし、楽しいことや辛いことも一緒に乗り越えてきた友達や、看護のプロフェッショナルである先生方、優しくアドバイスしてくれる先輩方に支えられ、私は今もこの大学校で学んでいます。臨地実習を経験することで看護の素晴らしさや、偉大さも知ることができました。

これからも悩みが尽きることはないだろうと思いますが、この学校を卒業した後、自分がどんなプロフェッショナルの世界に飛び込んでいくのか、今はとても楽しみです。
 

1年を振り返って

 

看護学科2年次生 鞍田 結菜さん
平成30年の春に(専)京都中央看護保健大学校に入学し、早くも1年が経過しました。入学当初はクラスに馴染めるかどうかや、勉強についていけるかどうかなどの不安でいっぱいでしたが、レクリエーションやグループ活動をしていくなかで交流が深まり、クラスの友達はもちろん、先輩方とも仲良くなることができました。勉強に関しては、学生の理解度に沿って授業が進むため分かりやすく、理解できなかったところがあれば友達に聞くなどしてその日のうちに理解しきってしまうよう努力しました。

最初の頃は、看護の専門的な講義や技術演習、病院での臨地実習など初めてのことばかりでくじけそうになる時もありましたが、友達からの励ましや親身になってくださる先生方のおかげで頑張ることができました。すごく良い環境のなかで学校生活を送ることができ、この学校に入学して良かったと思っています。

これからも慣れないことや辛いことなど多々あると思いますが、同時にそれ以上に楽しいこともあると思っています。同じ夢を目指す仲間や友達、サポートしていただいている先生方など周りへの感謝を忘れず、ともに支え合いながら日々精進していきたいと考えています。
 
078-581-1013